2007年03月11日

わっふの世界観

わっふの世界にはどんな国があって、どんな勢力があって、
そこにどんな歴史があって、どんな風にそれらが絡み合っているのか…。
ファンタジーにありがちな設定がわっふには存在していません。
話の内容自体もそういったものから離れたものになっています。

わっふはアニメーション作品です。
観てくれた人が、視覚・聴覚から得た情報それが
イコールわっふの世界なのだと考えています。
わっふを見終わった時に、見た人に残った印象が
わっふの世界観であると考えています。

だからこそ、何気なく観ていて脳に残されるイメージを
色で残そうとしたり、音で残そうとしたり…
わっふは言葉で世界観を語るのではなく、
最終的に人の中に残る印象で語ろうと考えました。

わっふの世界は見てくれた人の中にあり、
そのどれもが正しく、どれもが間違いではない。

だからこそ、難しいことなんて考えずに見て欲しいと思っています。
リラックスしてちょっとした暇つぶしに…。
構える事無く子供の頃読んだ絵本のように、
その物語の背景なんて気にせず、わからず、ただ感覚で楽しむ事。

わっふの世界はきっとすぐ傍にあります。
子供の頃サンタさんを信じていたように、
見た事も無いけれど、それは同じ世界に存在していると信じている。
テレビで見ているアニメのキャラクターや特撮ヒーローが
本当に同じ世界に存在していて、それを疑う事無く信じている。

わっふの世界もきっとそんな場所にあるんだと、私は思っています。
見た事も無いけれど、信じれば身近に感じられる世界。
願えばもしかしたら行けるかもしれない世界。

わっふの世界は理解するのではなく、感じる世界です。
posted by くさかべ at 18:43| 日記

2007年03月10日

ありがとうございました。

登録した検索サイトの管理人様、
いくつかのサイトでオススメ(COOL)サイトとしての
登録有難うございます!!
これで終わらず、作品つくりを続けていきますので、宜しくお願いします。

そして、感想メールを送ってくれた方、有難うございました。
頂いた感想は私だけでなく、他のスタッフも目を通しております。
メールはもちろん、掲示板でも宜しければ
感想を書き込んで下さると嬉しいです。

制作途中でもこういう話があったんですが、
素人だから意見はしない。という遠慮は無しでお願いします。
素人意見も大事なんです。むしろ、個人的にはこちらが
気になる方なんで、宜しくお願いします。

プロの方が突っ込んできそうなところは、ある程度予測がつくんですが、
素人目に見てこの作品がどう映るのか、正直分からないんです。
自主アニメ自体がまだ珍しいものですし、普段そういった作品を
よく見ている人もいれば、見ていない人もいるでしょう。
そういった人たちの目にはどんな風に映るのか、大変興味があります。

あと感想とは別に、ファイルサイズが大きくて見る気になれないとか、
映像を見ようとするとパソコンがフリーズするとか、
そういったご意見もあればお願いしたいです。
全てに対応するのは難しいと思いますが、善処したいと思います。
posted by くさかべ at 14:48| 日記

2007年03月09日

キャラクターデザイン

昨日少しふれたので、キャラクターデザインについて
更に語っていこうかと思います。

そもそもワッフのキャラクターが誕生したのは今から3年ぐらい前の事。
専門学校時代に卒業制作のアニメキャラクターを考えることになって
そこで作られたものがベースになっています。
こちらが当時の作品。

始め人型でデザインしていたものが、獣人へ変わり
目が見えていた顔が見えなくなったり、
ワッフの原点とも言うべき点が見えます。
おまけで女の子(ヒロイン)の絵も載せてみました。

髪の毛で目元を隠すと、作画が楽になります。
キャラ崩れの問題がかなり軽減されます。
これは、とあるキャラデザの方が顔のほとんどを覆う
仮面キャラを作ったところ、誰が描いても似るようになって
良かった。と、おっしゃっていたところからヒントを得ました。
更に言えば普段見えなくて、
たまに見えるのも萌えなんじゃないか。なんていう考えもあり…。

手塚治虫さんのユニコ(映画)をご存知でしょうか。
ワッフのモデルはユニコに出てくるあくま君。
あくま君が自分の前髪を手で退けるシーンがあるんですが、
その時見える目が凄く可愛いんです!!
一種のチラリズムでしょうか。
これが印象に残っていたのもあって、ワッフは
目元を隠すキャラになりました。
性格も何処と無く似ている……かな…?
続きを読む
posted by くさかべ at 21:17| 日記

2007年03月08日

わっふもっふとお菓子

この作品には色々と裏話があります。

わっふもっふのタイトル(主人公ワッフの名前)についてですが、
猫キャラなのに犬くさいというのはとりあえずおいておいて
これは複雑な名前ではなく、音(リズム)で覚える名前にしようと
思ったのがきっかけです。

ファンタジー作品っていうと、横文字が並んで分かりにくい
似たような名前ばかりで覚えにくい印象ってありませんか?
簡単に覚えられる名前、リズムで覚えられる名前…、
そう考えた時に私の脳裏を過ぎていったのが
YOKUMOKU(ヨックモック)

「っ」と3番目文字の繰り返しです。

実はワッフの名前はお菓子から来たものでした。
特別頑張ってくれているスタッフに、YOKUMOKU手土産に
家にご挨拶に行こうかと本気で考えていた事があります。(笑)
応援しに行っているんだが、プレッシャー与えているんだが
分かりませんが…。

他にもお菓子ネタはあり、
キャットマンの衣装イメージは抹茶パフェ
ナージャの衣装イメージは雛祭りの菱餅など…。

意外とこういうコンセプトなり決めると作業が
速く進んだりするのでテーマを決めるのは良い事だと思います。
posted by くさかべ at 17:01| 日記

2007年03月07日

ストリーミング配信開始

お知らせ

1日遅れですが、MOVIE CASTERさんの配信サービスをお借りして
今流行(?)のストリーミング配信を始めました。
宜しければご利用下さい。


さて、今回公開しました作品は私がメンバー募集を開始してから
1年9ヶ月掛かって完成となりました。
前半のんびりやっていた部分があるので、
実質製作期間は一年ぐらいです。

今回のある意味無謀とも言える企画は、
実行に移すまで3ヶ月ぐらい悩みました。
理由はこれだけの事を成し遂げる力が自分にあるかどうかという事。
とにかく大変なのは予測が出来ていたので、
それが出来るかという不安があったのですが、
3ヶ月悩んだ結果、やろうとしている事は
おそらく今しか出来ないし、今遣るからこそ価値があると
結論を出し実行に移しました。

当初はもっとクオリティの低いものになるかなぁ。と思って
いたのですが、メンバーに大変恵まれまして、
当初の予定以上の作品が出来上がったと思っています。

同人ゲームを作るようにアニメを作る事は可能だと
実証出来た気がして嬉しいです。
この先他にもこうしてアニメを作っていく人が
増えていってくれれば良いと思います。
posted by くさかべ at 18:03| 日記

2007年03月06日

わっふもっふ公開日

アッシャムス制作オリジナルファンタジーアニメーション
「わっふもっふ」本日ウェブ公開しました。

製作期間約1年。漸くウェブ公開する事が出来ました。
ストーリーや詳しいキャラクターなど、
公開してから楽しんで貰おうと
今まで黙っていましたがこれで解禁です。
暫くはわっふの制作秘話なんかを、
こちらで紹介していけたら良いなぁと思ってます。
流石に一年以上作っていると、色々とネタがあるんですよ。(笑)

スタッフ&キャストの紹介アイコンは、一部制作中です。
暫しお待ちを…。
posted by くさかべ at 00:21| 日記